teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


写楽さまに作って頂いた掲示板の表紙

 投稿者:櫻狐  投稿日:2017年 6月14日(水)10時13分14秒
編集済
 


写楽様を思い出さない日はないのですが……
お元気で写真の話をされていた頃を思いだします。

関東と関西に離れていてついぞ交流はなかったものの、こうしてネットで様々な
お世話になりました。

「写真撮影を生業としているので、これは世の中へのお返しです…」とよくおっしゃっていました。


私が源氏物語から採った「匂の宮」……これは写楽様の俳句のためのハンドルネームです。
最初の頃はほかの写真を貼っていらっしゃいましたが、最後はこの写真にされていました。

俳句に対してどんな思い入れがあったのでしょう。


京都曼荼羅俳句他  表紙の数々  http://9103.teacup.com/kaguyahime/bbs




写楽様ご自身の掲示板の表紙













 
 

スマイルトレイン

 投稿者:姫狸  投稿日:2016年12月23日(金)03時13分1秒
編集済
 

私は、鉄道の事は、全くの無知なんですが、
ピンバッジの電車のネーミングがシンクロしてたのには、びっくりです。
まさに、笑顔をくれた電車ですものね。。。(^^)


その4か月ほど前、お父さまが病気になられてから、最初に逢いに行ったのが、
ちょうど今から4年前の今日、12月23日。

あの時も、お父さまは笑顔で話してくれました。
「息子が(私と)逢っておいで!と言ってくれた」と。。。
そして、「もうすぐ息子の誕生日だ」と。。。
ちゃんと日にちも覚えていて、私に教えてくれました。

今更ながらですが、その節は、寒い中、快く逢う事を承諾して下さり、有難うございました。

あの時は、愛用のカメラを見せてくれました。




http://

 

笑顔の電車

 投稿者: 夜鴉   投稿日:2016年12月22日(木)18時22分37秒
  ピンバッジ、覚えています。
それは西武鉄道のもので、西武線の駅に限定で設置されている、ガチャガチャの景品なのです。
記念にいくつか購入して、後で二人で分け合いました。

父は室内では、蛍光灯の光が眼鏡に反射するのを嫌い、キャップを改造して作ったサンバイザーを被っていたのですが、大変気に入ったらしく、それにピンバッジを付けていました。

写真の電車ですが、愛称がありまして、スマイルトレインと呼ばれているんですよ(^^)。
 

Re:プレゼント

 投稿者:姫狸  投稿日:2016年12月22日(木)00時01分51秒
編集済
 

お久しぶりです。

夜鴉さんは、お元気な頃から冗談の好きな方でした。。。
ちょっとシャイだけど、春りんの言うように優しくて・・・
悩んだり、困ったりした時、沢山、助けて頂きました。

病気になられてから、お会いした時、私の事を覚えていてくれて、とても嬉しかったです。
けれど、翌日には会った事を忘れてしまったようです。


このピンバッジ、覚えてますか?
夜鴉さんと会った時、「息子が(買って?)くれた」って、笑顔で嬉しそうに、私に見せてくれたんですよ。
確か、お二人で撮り鉄をした日だったと記憶してます。(記憶違いだったら、ゴメンナサイ)

お父さまからのプレゼントも素敵ですが・・・
お父さまを笑顔にさせた息子さんからのプレゼント、とても素敵ですね。

 

時々覘いています

 投稿者:春りん  投稿日:2016年12月19日(月)18時58分54秒
  息子ちゃんお久しぶりです。

お名前は私も覚えています。

義兄と同じお名前なので、忘れません。

夜鴉さんには二度お目にかかりましたが

優しいお人でした。

私の主人は向こうの世界がいいのか、なかなか

逢いに来ません。たまには来てよねです。





 

素敵なプレゼントですね

 投稿者:椿  投稿日:2016年12月18日(日)18時42分19秒
 

病気になられてから、息子さんの話をしていたときにお名前を尋ねたことがあります。
「〇〇〇〇だよ」とハッキリと教えてくださいました。

どんな漢字を書くのか尋ねると「~~~~の〇〇と~~の〇〇」と漢字も教えていただきました。

息子さんの話になると、とても楽しそうに、嬉しそうに語られていました。











 

プレゼント

 投稿者: 夜鴉   投稿日:2016年12月18日(日)03時17分48秒
編集済
  父が認知性になってだいぶたった頃、ある日ふと思いました。僕の名前を覚えているのかと。昔から父は、僕のことをお前と呼んでいたのでそう思ったのです。

父の返事は、”忘れた”でした。さすがに落ち込みました。でも父は、ニヤニヤしながら言いました。冗談だよと。 そして僕の名前を呼んでくれました。

亡くなる最後の日まで、父は僕が何者なのか覚えてくれていました。今にして思えば、日々色々な事を忘れていくなかで、それは毎日、父からのプレゼントだったような気がします。

親父、ありがとうな。 
 

 投稿者:櫻狐  投稿日:2016年 8月 3日(水)12時11分49秒
編集済
 


写真を撮りながら、夜鴉さんならどの花を撮るかな、アングルはどうするかなって考えて
しまいます。写真を撮る原点を教えてもらったような気がします。

参考にしようとも、いくつかあった掲示板はみんな見られなくなっているので大変残念です。
空から、「そこはそう撮るんじゃないよ」って声かけてくださっているような……。










 

想い出話

 投稿者:姫狸  投稿日:2015年12月21日(月)22時59分46秒
編集済
 

春りん お久しぶりです。

そういえば、旦ちゃんが、まだお元気だった頃。。。
一度だけ、ここに登場した事がありましたね。
夜鴉さんも、喜んで、コメントしてたのを憶えてます。

今となっては、懐かしい想い出話ですが・・・
もしかしたら、あちらの世界で、旦ちゃんと夜鴉さん、ご対面~とか、してたりしてね(笑)
春りんの噂話してるかも?しれないね(爆)

みんなで行った赤煉瓦倉庫。
毎年、この時期になると、Xmasツリーが飾られ、多くの人で賑わってます。





あの横浜で、一緒に想い出を辿りながら。。。
いつか、きっと、語りましょう(*≧m≦*)

 

思い出

 投稿者:春りん  投稿日:2015年12月19日(土)00時14分30秒
  姫狸さん、お久さしぶりです。

主人は11月25日で一年になりました。

主人が亡くなって直ぐ夜鴉さんの訃報、よく覚えています。

主人が病気の間よく写真を送って下さいました。

姫狸さんの写真、懐かしいですね。

中華街でのお食事会楽しかったですね。

想い出は沢山あり、いつまでも心に残っています。

姫狸さん、又必ず会えますように...。

夜鴉さんの想い出など語り合いましょうね。

タカユキさん、主人の兄と同じ名前親近感を覚えます。

心通じるお友達に出会えば楽しい日々になります。

最近、同窓会に行ったり、ユニバーサルに行ったり

外へ出るように心がけています。

幸せになってね。お父様、皆さんの心に生きていますよ。
 

祥月命日

 投稿者:姫狸  投稿日:2015年12月18日(金)23時32分49秒
編集済
 
祥月命日の“祥”は「幸い」を意味する言葉で・・・
故人を神、もしくは仏として祀る(祭る)ので「めでたい」という意味もあるそうです。


あっと言う間に過ぎた1年でした。。。

夜鴉さんが亡くなってから、この1年、封印していた想いを込めて。。。
あえて、姫狸風に言わせて頂きます。

おい!鴉

あんた、この世から居なくなっちまったと思ったら・・・
すんげぇ偉くなっちまったんだな。
もっとも、あんた、ここに居る頃から、偉そ~な( ̄^ ̄)←こんな顔してたけんどさ。。。(笑)
あの世は、どう?もう慣れた?居心地ええんかい?(爆)
あんたが作ったここは、ず~っと残ってるから、いつまでも、みんなの事見守っててくれよな。。。


不謹慎かもしれません。でも、あたしは、あたし。。。( ̄^ ̄)
この掲示板には、こういう関わり方でやって来た夜鴉さんとの楽しかった思い出が沢山詰まってます。


(2005年4月17日 横浜・赤煉瓦倉庫 撮影者 夜鴉)


タカユキさんが、どんな生き方をしようとも、お父上さまは、ずっと暖かく見守ってくれてると思います。

 

二人で一人

 投稿者:椿  投稿日:2015年12月18日(金)19時28分14秒
 

「 二人で一人 」とは「半人前」ということではないと思います。

二人三脚といいますがそうではなく、「二人二脚」ではないでしょうか。

「二人で一人」
夜鴉さんは、タカユキさんが半人前と言ったのではなく、
「常に一緒にいる」という意味を込めて「二人で一人」と言ったのだと思います。

タカユキさんは、一人前以上なのです。
「息子が一緒に動いてくれる」と話していた夜鴉さん。

タカユキさんは、「タカユキさん+夜鴉さん=一人前以上」です。
夜鴉さんに対して(これからのタカユキさんの人生)堂々と生きてください。


夜鴉さんは、それを望んでおられると、わたしは断言したいです。










 

半人前

 投稿者: 夜鴉   投稿日:2015年12月18日(金)00時45分40秒
編集済
  俺とお前は、二人で一人だ・・・認知症になったばかりの頃に父が言った言葉です。

この一年、ずっと頭から離れない言葉でした。

命日である今日これを書いたのは、半人前でも頑張っていかなければと思ったからです。

そしてこの言葉を忘れることは、一生無いと思います。
 

祷り

 投稿者:椿  投稿日:2015年12月17日(木)19時29分51秒
編集済
 

夜鴉さんの悲しいお知らせを受けてから一年が経ちました。

ご命日を前に、つつしんで黙祷を捧げます。


そして、タカユキさんの悲しみが少しでも癒えていることを念じております。









 

 投稿者:椿  投稿日:2015年 6月25日(木)21時46分47秒
編集済
 

時を、動かすことを夜鴉さんは望んでいると思います。

でないと「安心して新しい世界に行けないよ」と。



画像、あえて大きく貼らしていただきました。
夜鴉さんが、この画像を見て電話をかけてきてくださいました。

「観光パンフレットでは写せない写真だよ、
旅に出た時の自分の眼に映った写真だね、いいね」












 

半年・・・

 投稿者:櫻狐  投稿日:2015年 6月22日(月)10時01分3秒
編集済
 


ほんとうに月日がたつのは速いですね。

夜鴉さんの投稿、サーバーにびっくりしました。
昨年の五月に椿さんとご一緒にお会いした時はお元気でしたのに。

花を撮る時、夜鴉さんのアドバイスを思い出します。
思い出すと、シャッターボタンを押すことができなくなります。(--)




 

半年。。。

 投稿者:姫狸  投稿日:2015年 6月19日(金)01時04分3秒
編集済
 

月日の経つのは本当に早いものですね。

この掲示板も止まったままで・・・暫く開く事がなかったけれど、
ふと夜鴉さんを想い出し、何気な~く開いてみたら・・・
書き込みがあり、何だか不思議な気持ちになりました。

日付が変わってしまったけれど・・・
18日は月命日だったんですね。

 

木曜日

 投稿者: 夜鴉   投稿日:2015年 6月18日(木)03時48分17秒
  半年が過ぎました。

あの日と同じ木曜日です。

僕は、まだ・・・止まったままです。
 

 投稿者:  投稿日:2015年 3月17日(火)21時18分49秒
編集済
 

http://

 

Photograph by syaraku

 投稿者:椿  投稿日:2015年 1月12日(月)11時20分21秒
編集済
 
はい!         投稿日:2012年 6月23日(土)18時46分51秒


















椿の掲示板へは、この画像の投稿が最後です。






 

レンタル掲示板
/113