teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


若手教師と共に学ぶ 第三弾

 投稿者:at25  投稿日:2008年 6月 4日(水)15時28分28秒
返信・引用
  前回はOさんの報告でした。先生一人がクラスの30数人の子達に愛情を注ぐことと平行して、子ども達のつながりをつくることがとても大切なことが改めて学べました。期待されると人間は変わるという話も出ました。子どもも同じです。子どもと話するのが楽しい、こんな関係を早く作ることが大事だとも聞いて思いました。 若さと型破り、そんな先生がいてもどこまでも応援してついて行くよ、と親も子もその先生のことを見ていた一昔、これが若手教師の本来の姿だったはずです。それが研修づけと、1年目から立派な教師であることを求められます。若手教師本人のつらさは痛いほど分かります。入学した1年生が何人か学校へ来る道でころんで膝やおでこにすりきずを作っていたのが、2ヶ月以上たった今頃ではそんな子はいなくなりました。この子どもの状況と同じで、若手教師も日々たくましく力をつけています。それを振り返って見るゆとりがないのでしょうが。「この学習会に参加すると元気が出ます」「お話を聞けて救われました。また頑張る気持ちを奮い立たせます」前回の感想にこんなコメントもありました。
 この会での学びは若手教師の応援であると同時に、また古参の先生、OBにとっても新鮮な学習会になっているのではないでしょうか。
 さて、第3弾の企画は、13:30~14:00  教室ですぐに使えるゲーム実技
14:00~15:30   国語物語教材「スイミー」(小2) 教材分析
         スイミーを参加者と一緒に読み解きます。可能な人は教科書を持参くださ い。
※国語科の実践は、若手教員ばかりでなく多くの教師が学べる場となります。読解力をつけるとは・・・、国語を通して学ぶべきこととは何か・・と、その提起することは私たちの教育実践の宝として受けつぐ内容です。
15:40~16:30  若い教員、大いに悩みを語るコーナー(次回の学習会でやりたいことも出してもらう)
16:30~17:00  教師として求められる授業力(学習会のまとめ発言として)
        金森センター所長
※金森さんが「スイミー」の教材分析とその話し合いを受けて「授業力」ということで語ります。

日 時  6月28日(土) 13:30~17:30
 場 所   富樫プラザにて
 
 

6月28日

 投稿者:at25  投稿日:2008年 6月 2日(月)15時58分0秒
返信・引用
  6月28日は教育、くらし、憲法を守る教職員の会の総会の日で時間もぶつかっています。
今日知りました。教育はどうなっているの、学力テストで子ども達は、管理強化で先生達は、とのタイトルです。職場づくりの話もあるとか。
どうしますか、可能ならばこちらの日を変える手もあるのですが。
 

頭がガチャガチャ

 投稿者:at25  投稿日:2008年 5月24日(土)16時45分4秒
返信・引用
  微妙なんですね、訳のよく分からないものが1人でやっていると。転送もなんとかうまくいき、よかったと思っていても、元版のビルダーの作業がちょっとさわって、上書き保存したら、つながり(関係)がガチャガチャになっていて頭がパニック、その連続です。しかし、こうしてやってみないとわからないことです。

この掲示板もしっかり管理できるので、迷惑メール等には対処できると思います。
もう少し調べて、センターあてのメールをこちらで管理出来るようにしたいと思っています。
 

一新ありがとうございます

 投稿者:常任理事M  投稿日:2008年 5月24日(土)14時53分50秒
返信・引用
  ホームページが一新されて、うれしい限りです。民間サークルのお知らせを含め、バリエーションが広がって、いい感じです。ありがとうございます。  

組の話

 投稿者:at25  投稿日:2008年 5月22日(木)10時02分13秒
返信・引用
   今朝、3年生の男の子と話しながら学校まで歩きました。組の話になりました。お姉ちゃんは6年生ですが、一度も1組になったことはないそうです。ということをわざわざ言うとは1組になりたかったという気持ちがあるのだと思います。そしてこの子は今までずっと1組できているとか。じゃあお姉ちゃんの分をぼくがかわってなってあげているということ、と言ったら納得のようでしたが。話はもう一人のお姉ちゃんのことにも、高校2年生だそうです。小中学校と違って通学が遠くて大変なようで、自転車とバスを乗り継いでいるようです。でも天気の悪い日、雪の日、そして寝坊した日はお母さんに車で送ってもらうとか。そしてまだ話してくれました。夕方遅い時間、お母さんに迎えに来てと電話がかかるそうです。この子もその時間帯は剣道を習っていることもあるとか、そしてこれまたお母さんが迎えにくるそうです。つまり、お母さんも大変だということです。どの家もそうなのでしょうが、通学や習い事で、自分がかよったり家族が送り迎えすることは、苦労も多いようです。そういえば毎朝、決まった時間に自転車の女子高校生といつも出会います。この人は雨や雪の日はどうしているんでしょうか。また、朝早く、自転車で学校に向かう男子高校生にも会います。遠くから通っているようです。今日のように毎日さわやかだといいのですが。

http://www.teacup.com/

 

5月17日学習会について

 投稿者:at25  投稿日:2008年 5月20日(火)05時50分4秒
返信・引用 編集済
  参加者については当然予想されました。4月5日とは状況が違うし、精魂疲れ果てている時に来ると判断するのも勇気がいります。この時期は、というよりこの時期も、なのかもしれませんが以前民教連の春の学習会をしていましたが、入門講座、すぐ役立つ実践講座的なものもありましたが、やはり参加者のことで同じ悩みを抱えていたと思います。参加者が多い少ない、どうすれば受けるチラシになるか、に精力を使うのはもちろん必要なのですが、が、が、とちらっと思うことがあります。近くにいた若い人は、学校から仕事をしていてここに来たと言っていました。そしてこのあとまた学校へ戻るそうです。これが現実、頭の中はずーと学校が連続してあるのだと思います。
「土曜日は休みたいとおもってたけど、みなさんの話を聞いて私だけで悩んでいたわけでない、出てよかった。元気が出たと話してくれました。参加すれば必ず得ることもあるし、元気もわく・・これが必須です。」と書いているYさんの言う通りです。
 若者にもっとも接近しているOさんでしたが、、事実、Aさんの言葉のように、素敵な報告で、この会にぴったりの提案だったと思います。でもそれよりもKさんのような知名度に惹かれるのでしょうか。
今後のこととして、Yさんの書いている実践講座の内容、それでいいのですが、このままこの線で追っかけていくのか、研究所全体の構想でいうと、昨年のような理論的な分析の部分をどうするか、気にしています。

http://www.teacup.com/

 

再会します。

 投稿者:at25  投稿日:2008年 5月19日(月)21時26分38秒
返信・引用
  いろいろ不都合があり閉じていた掲示板ですが、再会します。

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1